作業日までの流れについて。

情報の重要性について

作業日までの流れについて。見積もり金額で同意して頂ければ、作業日程の調整が行われます。立ち合いについては業者によりますが、時間が無い場合はカギの開け閉めだけでも大丈夫かどうか確認しておきましょう。立ち合いができなくても、作業に入る前にどれを残してどれを処分するのか、情報共有してから作業の臨みますのでご安心頂けるかと思います。

立ち合いがない場合の不安要素は、おそらく処分費の増加だと思います。例えばですが、電話で見積もったときは、トラック1台分だとします。しかし実際はあんなとこからも、そんなとこからも、こんなとこからもゴミが出てきて、伝えたゴミの量の3倍が出てきたとしましょう。そうなると必然的に料金も3倍になるわけです。しかし、お客様としてはまさかそんなにゴミが出るなんて想像もしていなわけで、これはボッタくりか?となるわけです。そうならないために、上限ストップ制度を採用しています。つまり、これで安心した予算内での回収が可能となるわけですね。とはいえ、全て片付けてほしいという希望もあるため、連絡だけは取れるようにお願いしております。


お客様の回収ケース⇒火事の危険!注意が必要なゴミ屋敷の片付けについて(白山市エリア)

==関連情報

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中