ゴミ屋敷の豆知識、ゴミの精査について。的を外すと不要物は捨てることができません。つまり何が言いたいのかというと、いくら整理整頓の達人になっても、部屋の中は洗練されることはないということです。物事はシンプルに考えなければなりません。つまり、コツは捨てることです。部屋の中の物を減らすことが重要です。そのためには、捨てるモノの基準を決めておく必要があります。その最低の条件とは、使わない物は捨てるということですね。

使わない物を捨てるといっても、しっかりとした基準を時系列で定めなければ、いつか使うからという罠にはまることになります!ゴミ屋敷にならずとも、大抵不要品が増えるのは、いつか使うというフレーズが多いようです。この「いつか」は曖昧なので、これを3か月なら、1か月なりに設定しておくことです。ただし、季節ものは3か月には設定できないため、1年とかにした方がいいですね。そうすれば、3か月後に使ったかどうかを確認できます。そして、使っていなければ全てゴミというラベルを張ることができます。

お客様の回収・例⇒ごみ出すルールが厳しくて、適当にゴミ屋敷を片付けられなかった・・(新居浜市より)

==関連情報
まるで廃屋同然だった、工場跡地のゴミ屋敷の片付けについて
複雑怪奇に見えるゴミ屋敷でもシンプルな回収プランで引き取り!(新居浜市エリア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中