空き家の取り扱いについて。

空家の有効活用について

空き家の取り扱いについて。売却しても二束三文。ならば貸し出そうと考えるが、ここでリスクについて一つ理解しておこう。賃貸契約を結んだら、無碍に追い出すことはできないということです。例えば、1年後に高値で買い取ってくれるというお客様が現れたとしましょう。

しかし、入居者が出ていかないといえば、こういった話を前に進めることはできません。実際のケースでも、2,3年ならまだよい方で、10年以上居座られたというケースもあるそうです。

上記に挙げたのは、売れないというリスクです。とはいえ、10年売れない可能性も有るわけで、その間に賃貸料が入るとなれば、それは非常に良いことでもあるわけです。奥歯に歯が詰まったいいかたをしましたが、私は何がいいたいかといえば、こういったリスクを先に認識した上で貸し出して下さいということです。

そうなれば、入居者の査定も家族よりは独身の方がいいかもとか、入居者に対する条件もまた異なるからです。そうすれば、売れたときに取るべき行動、売れなかった時に取るべき行動を慌てず、駒を進めていくことができるでしょう。

お客様の回収ケース⇒ゴミを片付けることによって、なぜ成績がよくなったの?〔江別市エリア〕

==関連情報

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中