休日料金は、顧客を最優先で

休日料金は、顧客を最優先で考えていないのではないだろうか。という意見を頂きましたが、確かにその可能性はありそうです。業者によって、なら依頼しなくてよいという、つっけんどんな考えもあるが、21世紀の企業の姿勢としては決して正しいとはいえないようです。

便利屋としては、色々なお客様の状況も想定した上で、料金設定する必要がありそうです。そうすれば、顧客も喜び、口コミによる紹介なども期待できるかもしれません。

上記とよく似た例を挙げますと、価格の取り決めですね。私はかつて、とある業者に不要品回収を依頼したとき、見積もり項目があまりに多く、難儀した思い出がありました。回収作業が終わって、出された費用も+αされており、これは一体どういうことかと頭に血が上りましたが、スタッフさんは淡々と、書類を取り出して、この箇所とこの箇所を読んでください。といった感じでした。

よめば見事に条件が事細かに記載されており、ぐうの音も出ませんでした。これは私の確認ミスであることは認めますが、もう少しわかりやすいサービスを整えた方がいいと感じました。私としては、杓子定規に料金を決めるのではなく、サービスの範疇を増やして、温かみのあるサービスがあれば、良いだろうと考えています。

お客様の回収ケース⇒面倒な手続き不要なPC宅配方式?!(三郷市エリア)

==回収における関連情報

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中